中井幸一の装幀(2)『リスとアメリカ人』2014/01/03 18:59

装幀/中井 幸一

昨年、またまた古書展で、中井先生の装幀本を見つけてしまった。有馬頼義の傑作『リスとアメリカ人』が彼の手になるものだったとは!。知らなかった。ムダ足になっても古本市には通うもの。

本体、箱に留まらず、扉、目次ページも計算された配慮が感じられ、昔はこういう丁寧な仕事があったのだ。名作は名装幀を呼ぶ。2014年劈頭に紹介出来るのがうれしい。


† リスとアメリカ人


 有馬頼義/著

 装幀/中井 幸一●題字/直木 久蓉

 講談社●

 ●昭和34年8月20日発行●四六判 127×188ミリ 300頁 290円


源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/