ビュフェの絵がカバーになった『ふらんすエチケット集』2016/07/17 09:37

ベルナール・ビュフェ/カバー絵

 この本を手に取るまで、クセジュにカバーがついた本があったとは、知らなかった。その上、そのカバー絵が、かのベルナール・ビュフェで、また驚いた。

 一時期、日本でも人気を得たと思うが、日本語のちゃんとした画集がないのが不思議? クセジュで出会えたことがうれしい。

 描かれたセーヌとノートルダム寺院、在り来たりなモチーフだが、そこに女性を配して、実にいい。


† ふらんすエチケット集


 ジャン・セール/著 三保 元/訳   

 ベルナール・ビュフェ/カバー絵

 白水社●文庫クセジュ

 1962年3月10日初版発行●新書判 カバー 151+5頁 150円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


なぜか河出メグレシリーズにチグハグ本?2015/01/17 09:25

水野良太郎/装幀

メグレファンに大歓迎された河出の「メグレ警視シリーズ」が完結してから数年後、その新装版が順次出版された。

初版のビニールカバーには難点があった。どうしても経年で縮んでしまい薄い表紙が撓んでくるのだ。その解消ばかりではないだろうか、新装版はビニールカバーはなくなって、本体表紙と同じイラストが印刷されたカバーで装本されるようになった。

数年前何気なしに、古本屋でその新装版の一冊を手に取ったら、表紙はどうも見かけないイラストだった。カバーを剥がしてみると、表紙は全然別の絵だった。その絵は初版と同様の馬車が描かれたもの。なぜ、別のイラストで新装版カバーを作らなければいけなかったのだろう。不可思議だ。

調べてみると、全五十巻のうち、三冊だけこのようなものがあった。そのうちの一冊、『メグレの初捜査』の新しいイラストはモンマルトルのモン・スニ通りの『ミミ・パンソンの家』のところが描かれていた。この辺りはユトリロが何度も描いていて、パリ旅行の団体客なら一度は案内される観光スポットである。メグレ好きでなくても楽しいし、歩いてみて損はしないと思う。


† 新装版『メグレの初捜査』


 ジョルジュ・シムノン/著 萩野弘巳/訳

 水野良太郎/装幀

 河出書房新社●

 ●昭和58年8月25日発行●新書判 (113×175ミリ)カバー 269頁 680円


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ//

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


パリでのスケッチ? 駒井哲郎の装幀本発見2014/12/20 20:31

駒井哲郎/装幀

本の背にラクダのマークをつけたミリオン・ブックス。昔々の新書シリーズ本であった。懐かしさのあまり手にとると、表紙に寂しい街角のきれいな絵が描かれていた。

作者はどなたかと思いながら、ページを開くと、「駒井哲郎」の文字が目に飛び込んできた。こんな本もあったのかと一瞬驚く。

先生の年譜によると、この新書の出た昭和31年の前年の年末にフランスから帰国しているから、在仏中のスケッチをこの告発的ルポルタージュの装本に提供したのだろう。

訳者によると、フランスでは出版当時売れた本なのだが、その後すっかり忘れられた作品なのか、『駒井哲郎ブックワーク』には、なぜだか、この本は載ってはいなかった。見つけられて良かった。


† 自由なき女たち


 ヴァン・デル・メルシュ/著  大塚 幸男/訳  

 駒井哲郎/装幀

 大日本雄弁会講談社●ミリオン・ブックス

 昭和31年10月25日第一刷発行●新書判 188頁 130円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


松本竣介の装幀本があった!2014/05/25 15:14

装幀/松本竣介

 初めて見る本であった。表紙にパリの文字。目次を見ると「装幀・松本竣介」の文字。かの松本竣介がパリの絵を描いていた? 加えて、装幀を?

 意外なことに調べてみると、松本竣介はこの版元の南北書園の本を数点装幀していた。年譜を見ると、彼はパリへ行ったとはないので、著者の芹澤の持ち帰った絵葉書などで、この煙たなびく家並み描いたのだろうか。

 ともあれ、味のあるパリ風景スケッチである。ファンが多い画家が手掛けた貴重な一冊を手に入れたことはうれしい。


† パリの揺籠


 芹澤光治良/著

 装幀/松本竣介

 南北書園●

 ●昭和22年10月15日発行●B6判(121×181ミリ) 218頁 六拾円

古澤岩美が装画、芹沢光治良『巴里に死す』2013/07/04 09:49

古澤岩美/カバー装画

古澤岩美に文庫本のカバー装画があった。どこかパリの街角を描いたらしい。右側に降りる階段がある、賑やかな観光地。パリムード溢れるスケッチ、さすがである。

ここはパリのどこなのだろうかと、いろいろ写真集をひっりかえして見たが、ここがどこか特定出来なかった。

この手慣れた筆致で描かれた風景。どこかにありそうだが、どこでもない空想の街角なのだろうか?。どなたか、ここを歩いたことがありますか?


† 巴里に死す


 芹沢光治良/著

 古澤岩美/カバー装画

 新潮文庫●

 ●昭和29年6月29日発行/昭和43年7月10日26刷改版/昭和54年11月10日●文庫判 214頁

 220円


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ//

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/