またあった、恩地先生の装幀本『世界探検物語』2017/09/18 08:48

恩地孝四郎/装幀

 小口など焼けて状態の悪い本だったが、カバーはきれいで見た感じ恩地調の装幀だったので、手に取った。思った通り装幀は恩地先生だった。息子さんの本には未掲載だったが、さすが、かわじさんの『装丁家で探す本』にはシリーズの一冊『愛国物語』が掲載されていた。やっぱり大したものである。


† 世界探検物語(新日本少年少女文庫10)


  豊島 與志雄/著   

 恩地孝四郎/装幀  ●吉田貫三郞&松野一夫&宮本三郎/挿絵

 新潮社●

 昭和16年10月10日発行 18年12月1日六刷●A5判 281頁 壱円五拾六銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


『錯乱の論理』の謎? 再版で太郎の絵に!2017/08/29 19:21

表紙絵/岡本 太郎

 気がついたら、この本の初版を紹介してからもう五年になるのだ。初版はキリコ風の絵があしらってあったが、この再版本は岡本太郎の絵になっていた。

 なぜ、三ヶ月後の再版で表紙が変わったか不思議だが、この太郎の絵は初めて見る作品。いろいろ画集を探してみたが、この絵を見つけることは出来なかった。

 いったい今、この絵はどこにあるのだろうか。


† 錯乱の論理(再版)


 花田 清輝/著   

 高橋 錦吉/装幀  表紙絵/岡本 太郎

 眞善美社●

 昭和23年2月15日再版●A5判 343頁 150円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


青山二郎の装幀本『純粋小説全集』の不思議?2017/08/22 07:19

青山 二郎/装幀

たまたま有光社の『純粋小説全集』の端本を続けて購入する機会に恵まれた。最初はカバーなしだったので、カバーがあるものを見つけて喜んで購入、前のものと比べて、びっくりした。

箱の全体を覆う青山二郎タッチの絵柄模様が微妙に違っていた。普通、シリーズ物の意匠は同じものを使うのが普通だと思ったいたが、その上、この全集、箱の背の意匠は完全に違っていた。

彼、青山二郎はコンセプトは同じでも、一冊ごとに箱絵を描いたごとになる。何とも面白いことをしたものだ。二冊並べてスキャンしてみた。


† 純粋小説全集 第四巻『鞭を鳴らす女』


 岸田國士/著   

 青山 二郎/装幀

 有光社●

 昭和11年8月5日発行●四六判 箱入り 245頁 1円50銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


また、またあった、恩地先生の装幀本『大國史美談 巻七』2017/08/15 07:37

恩地 孝四郎/装幀

古書展の均一本に山と積まれていた本の一冊だった。カバーが箱があった本であろうが、背は灼けて、汚れた本だった。しかし、手にとって、ヒラをみるとなんとも美しいデザインだった。装幀者は誰あろう、恩地孝四郎。箱やカバーが、ないのは残念でならないが、取り敢えずスキャンした。


† 大国史美談 巻七


 北垣 恭次郎/著     恩地 孝四郎/装幀  實業之日本社●

 昭和18年11月15日発行●B6判 本文328頁+年表17頁 ●2円28銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


貧しい作りでも、恩地装幀本の片鱗。『忠直卿行状記』 !2017/08/09 17:09

恩地 孝四郎/装幀

敗戦二年目の正月の出版。貧しい作りは仕方がない。このシリーズは巻末の案内では、この本を含めて、八冊紹介されたいた。

どなたもこんな粗末な本など、手に取りはしないだろうが、表紙の飾り模様に恩地本の片鱗があるのが、ちょっと慰めか。巻末に書肆のシリーズ本刊行の辞があって、時代を感じて面白い。


† 忠直卿行状記


 菊池 寛/著   

 恩地 孝四郎/装幀

 日本社●日本文庫(8)

 昭和22年1月10日発行●A5判 185頁 15円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/