『ケティー物語』 ! 梁川 剛一の装幀・挿絵本があった2017/05/22 10:05

梁川 剛一/装幀・挿絵

均一本の棚に、きれいな本があった。八十年前の本にしては、表紙の金箔文字は剥がれてなく、状態はまあまあ。装幀、挿絵作者は人気作家梁川剛一だった。

この人気作家の装幀本は持っていなかったので、カバーなしだったが購入して、スキャンしてみた。


† 『ケティー物語』 その後の巻


シュサン・クーリッジ/著  松原至大(みちとも) /訳

 梁川 剛一/装幀・挿絵(10点)

 富山房●

 昭和13年8月18日初版発行●四六判  309頁 壱円六拾銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


なんとなく箱がありそうな恩地装幀本『数学千一夜』?2017/05/15 12:08

恩地 孝四郎/装幀

高円寺の古書展の外台で、背を見せていた本。何気なく引っ張り出すと、恩地装幀本だった。カバーか、箱がありそうな本だが、均一だから、それは望むのは、ちょっと欲張り。スキャンするために購入した。

家へ帰り、当該本を調べると、戦後も何回か別の書肆から出されているようなので、きちんと評価の定まった内容の書と思われる。


† 数学千一夜


 吉岡 修一郎/著   

 恩地 孝四郎/装幀

 青年書房●

 昭和16年7月5日発行/同年7月20日再版●B6判 344頁●定価/1円80銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


青児先生の異色の装幀?本『銀座二十四帖』2017/05/08 09:50

東郷 青児/装幀

ちょっと目には東郷青児の装幀思えないが、表紙の絵に惹かれて、装幀者名を確認したら東郷青児だった。

こうした画風の絵は見たことがなかったから、ちゃんと装幀者名が印刷されていて良かった。改めて表紙を良く見たら、小さいサインが入っていた。扉絵も素晴らしいので、次にスキャンして、掲載したい。


† 銀座二十四帖


 井上友一郎/著   

 東郷 青児/装幀

 新潮社●

 1955年9月15日発行●B6判  195頁 200円(地方定価210円)  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


また発見 ! 恩地装幀本『写真常識読本』2017/05/01 11:36

恩地 孝四郎/装幀

また恩地先生の本を見つけた。これは先生の『装本の業』には、モノクロでしか、書影がなかったから、スキャンしてみた。

同時期のパターン化した装幀と言えなくもないが、記録としておくと思えばまあ許せる範囲だろう。次の新発見に期待?


† 写真常識読本


 北野 邦雄/著   

 恩地 孝四郎/装幀

 ARS(アルス)●

 昭和11年11月18日発行●B6判 ハードカバー箱入 290頁 2円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


杉山寧がカバーを描いた『千羽鶴』2017/04/30 09:03

杉山寧/カバー

川端康成的雰囲気がする装幀だったので手に取ったら、カバーを描いたのは巨匠杉山寧画伯だった。 ちなみに。かわじさんの労作『装丁家で探す本』には杉山画伯の作品は五点しか掲載されていない。このカバー本の収載はなかった。もっとカバーを描いた本があってもいい作家と思った。不思議?  こうした仕事は嫌いだったのだろうか。


† 千羽鶴


 川端康成/著   

 杉山寧/カバー

 筑摩書房●

 昭和30年5月5日初版 発行●新書サイズ  198頁 100円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/