著者&訳者&装幀者、三拍子揃ったベラ・バラージュ『映画の理論』2017/02/28 08:45

中井幸一/装幀

またまた、モダンアートの長老、中井先生の装幀本である。大判の本のカバーで、裏表紙にまで使って、まさにこれぞ、モダンアート作品。作者も訳者も役者がそろって、文句なしの逸品である。


† 映画の理論


 ベラ・バラージュ/著  佐々木基一/訳  

 中井幸一/装幀

 講談社●

 昭和34年11月30日第一刷発行●A5判 カバー 242頁 420円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


またまた、中井幸一先生装幀本『モンテカルロに死す』2017/01/16 15:07

中井 幸一/装幀 イラスト/大塚政昭

表紙のイラストは中井先生の作品ではないが、装幀は先生のもの。こんな発見はあるのだから、最近の均一棚も、馬鹿にしたものではない。原作者なあの「西部戦線異状なし」「凱旋門」のレマルクだもの。こんな小説の作者でもあったのだ。



† モンテカルロに死す


 エーリッヒ・マリーア・レマルク/著 古沢安二郎/訳  

 中井 幸一/装幀 イラスト/大塚政昭 

 読売新聞社●

 昭和43年8月15日第一刷発行●B6判 カバー帯 350頁 550円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


モダン・アートの面目躍如、『血ぬられた言論』の装幀!2015/05/07 19:39

中井幸一/装幀

また、珍本を見つけてしまった。これも前回の『文壇えんま帖』同様、後年、広告界で辣腕を揮う中井先生の電通入社の頃のお仕事。

ご本人はこんな古証文を出されて、はなはだご迷惑かも知れないが、一ファンとしてお披露目したい。

戦前の国家的言論弾圧の詳細な告発本である。ストレートな表現で、その本の雰囲気が感じられる装幀である。素晴らしい。何度眺めてもいい。


† 血にぬられた言論


 黒田 秀俊/著  

 中井幸一/装幀

 学風書院●

 昭和27年10月20日改訂版発行●B6判 298頁 220円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


またまた、出会った中井先生の装幀本2015/04/22 11:44

中井幸一/装幀

装幀・中井幸一で購入した本だが、この本自体が実に面白い(斜め読み)。

私が生まれる遠い以前から、文壇ジャーナリストとして活躍された方の著作であった。荷風、谷崎との付き合いに始まり、戦後は太宰、三島が新人として扱われる文壇裏話が歯切れのいい口調で語られている。

こんな本に出会えたのも中井先生のお陰で、感謝。今年のモダンアート展にも出品されていて、年齢を越えたご活躍にただただ驚くのみである。


† 文壇えんま帖


 佐藤 観太郎/著  

 中井幸一/装幀

 学風書院●

 昭和27年10月21日初版発行●B6判 230頁 180円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


中井幸一の装幀(2)『リスとアメリカ人』2014/01/03 18:59

装幀/中井 幸一

昨年、またまた古書展で、中井先生の装幀本を見つけてしまった。有馬頼義の傑作『リスとアメリカ人』が彼の手になるものだったとは!。知らなかった。ムダ足になっても古本市には通うもの。

本体、箱に留まらず、扉、目次ページも計算された配慮が感じられ、昔はこういう丁寧な仕事があったのだ。名作は名装幀を呼ぶ。2014年劈頭に紹介出来るのがうれしい。


† リスとアメリカ人


 有馬頼義/著

 装幀/中井 幸一●題字/直木 久蓉

 講談社●

 ●昭和34年8月20日発行●四六判 127×188ミリ 300頁 290円


源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/