『錯乱の論理』の謎? 再版で太郎の絵に!2017/08/29 19:21

表紙絵/岡本 太郎

 気がついたら、この本の初版を紹介してからもう五年になるのだ。初版はキリコ風の絵があしらってあったが、この再版本は岡本太郎の絵になっていた。

 なぜ、三ヶ月後の再版で表紙が変わったか不思議だが、この太郎の絵は初めて見る作品。いろいろ画集を探してみたが、この絵を見つけることは出来なかった。

 いったい今、この絵はどこにあるのだろうか。


† 錯乱の論理(再版)


 花田 清輝/著   

 高橋 錦吉/装幀  表紙絵/岡本 太郎

 眞善美社●

 昭和23年2月15日再版●A5判 343頁 150円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


岡本太郎・一平父子の羨ましい競演!2015/03/19 09:20

装幀/一平画・太郎・案

父子鷹の典型的例だろう。親父が表紙を描き、扉とさし絵を息子が描いている。一見あまりパッとしないが、じっくり手に取り、眺めると親子の絵は味わい深いものがある。なのに太郎美術館のHPに、この本がないのは何とも不思議である。

たまたま神田の店先で、この本を手に入れて、調べてみたら、別に高価でもなく、数千円で美本が簡単に手に入る本なのだから。本の装幀が一段軽く見られているようで、ちょっと残念である。


† 女體開顯


 岡本かの子/著  

 表紙装幀/一平画・太郎・案  扉&さし絵 少女スケッチ/太郎

 中央公論社●

 昭和18年6月20日初版発行●B6判 609頁 3円80銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


装幀に屈託あり(31)これが岡本太郎の仕事?林房雄『香妃の妹』2013/04/04 07:59

岡本太郎/装幀

終戦翌年の年の暮れ発行の仙花紙本だった。混み合う即売会で、理不尽な書痴たちに揉みくちゃにされながら、手にとった。

歳月の割には保存良好。蝶々の絵は誰?と頁を開くと、岡本太郎とあった。

先生らしくない装幀である。が、太郎となっているのだからと買うには買ったが、スキャンしても、らしくないものはらしくないので、直らなかった(アタリマエ)。

何か蝶々に屈託があったのだろうか? 太郎先生の美術館は装幀に対して冷たいから、困った末のこんな酔狂もいいだろう。


† 香妃の妹


 林 房雄/著 岡本太郎/装幀

 後藤書店●昭和21年12月15日発行

 ●B6判 266頁 20円


花田清輝の本 石元泰博&岡本太郎の共演!「大衆のエネルギー」2012/08/22 07:20

石元泰博/写真撮影 岡本太郎/カバー構成

私にとってもう少し生きていてほしかった人が二人いる。辻静雄と花田清輝である。

辻先生は六十、花田先生は六十五。共に早過ぎる年齢で、残念でならない。

私はとっくにご両人の亡くなられた年齢を越えてしまって、ただ老いの身をかこつのみ。

共に書物を通じてだけの出会いに過ぎなかったが、同時代を共に生きられ、その才能の一端に触れられたのをありがたく思っている。

この本は戦後の文学論争の盛んなころ出た傑作。花田、岡本、石元の揃い踏みは実に豪華、こんな出会いは滅多にお目にかかれまい。


† 大衆のエネルギー


 花田清輝/著

 石元泰博/写真撮影 岡本太郎/カバー構成

 講談社●

 ●昭和32年12月10日発行●四六判(128×188ミリ)・カバー 260頁 280円

装幀アットランダム(9)再び花田清輝で、「近代の超克」2012/02/20 08:53

表紙画/岡本太郎

花田清輝の戦後芸術運動の盟友、岡本太郎の絵を表紙に使った本である。

岡本太郎は『夜の会』の縁で、自分の絵を提供したのだと思う。

昭和も遠くなりにけり。ご両人とも鬼籍の人となった今、二人の交流や戦後芸術運動を偲ばせてくれる、貴重な本である。


† 近代の超克 


 花田清輝/著

 表紙画/岡本太郎

 未来社●

 ●1959年12月31日発行●四六判 上製 285頁 350円