またまたあった、岡本太郎の装幀本! 芝木好子 『六年の夢』2018/05/27 18:57

装幀/岡本太郎

五反田の古書展に行ったあと、帰り道になる神田の古書会館に何も期待せず寄ってみたら、岡本太郎の装幀本に遭遇した。珍しい本なので、状態は悪いが購入した。太郎先生にこんな装幀の仕事があったとは!


† 六年の夢 


 芝木 好子/著   

 岡本太郎/装幀

 労働文化社●発行

 昭和23年4月25日発行●B6判 242頁 85円  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


岡本太郎の具象画 ! 湯浅年子の『フランスに思ふ』の表紙描いていた2018/03/19 08:56

母親の「パリ祭」に続く太郎の具象画の装本作品だと思えるので、スキャン。月曜書房という書肆との関係から描いたのではあるまいか。まあ、楽しい表紙ではある。


† フランスに思ふ


 湯浅年子/著   

 岡本 太郎/表紙絵

 月曜書房●

 昭和23年11月30日発行●B6判 265頁 170円  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


『錯乱の論理』の謎? 再版で太郎の絵に!2017/08/29 19:21

表紙絵/岡本 太郎

 気がついたら、この本の初版を紹介してからもう五年になるのだ。初版はキリコ風の絵があしらってあったが、この再版本は岡本太郎の絵になっていた。

 なぜ、三ヶ月後の再版で表紙が変わったか不思議だが、この太郎の絵は初めて見る作品。いろいろ画集を探してみたが、この絵を見つけることは出来なかった。

 いったい今、この絵はどこにあるのだろうか。


† 錯乱の論理(再版)


 花田 清輝/著   

 高橋 錦吉/装幀  表紙絵/岡本 太郎

 眞善美社●

 昭和23年2月15日再版●A5判 343頁 150円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


岡本太郎・一平父子の羨ましい競演!2015/03/19 09:20

装幀/一平画・太郎・案

父子鷹の典型的例だろう。親父が表紙を描き、扉とさし絵を息子が描いている。一見あまりパッとしないが、じっくり手に取り、眺めると親子の絵は味わい深いものがある。なのに太郎美術館のHPに、この本がないのは何とも不思議である。

たまたま神田の店先で、この本を手に入れて、調べてみたら、別に高価でもなく、数千円で美本が簡単に手に入る本なのだから。本の装幀が一段軽く見られているようで、ちょっと残念である。


† 女體開顯


 岡本かの子/著  

 表紙装幀/一平画・太郎・案  扉&さし絵 少女スケッチ/太郎

 中央公論社●

 昭和18年6月20日初版発行●B6判 609頁 3円80銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


装幀に屈託あり(31)これが岡本太郎の仕事?林房雄『香妃の妹』2013/04/04 07:59

岡本太郎/装幀

終戦翌年の年の暮れ発行の仙花紙本だった。混み合う即売会で、理不尽な書痴たちに揉みくちゃにされながら、手にとった。

歳月の割には保存良好。蝶々の絵は誰?と頁を開くと、岡本太郎とあった。

先生らしくない装幀である。が、太郎となっているのだからと買うには買ったが、スキャンしても、らしくないものはらしくないので、直らなかった(アタリマエ)。

何か蝶々に屈託があったのだろうか? 太郎先生の美術館は装幀に対して冷たいから、困った末のこんな酔狂もいいだろう。


† 香妃の妹


 林 房雄/著 岡本太郎/装幀

 後藤書店●昭和21年12月15日発行

 ●B6判 266頁 20円