駒井哲郎、晩年のお仕事?『笹まくら』2018/09/04 08:09

駒井哲郎/装幀

作品の制作年は分からないが、先生、晩年のお仕事と思う。別に読むために買ったわけではないので、忘れないうちにスキャンしてみた。


† 笹まくら


 丸谷 才一 /著   

 駒井哲郎/装幀

 河出書房新社●

 昭和50年8月15日発行●四六判 365頁 980円  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


名著『印象派時代』で、久保守の名を知る。2018/09/01 14:28

久保 守/装幀

フランス美術の紹介本の名著である。これが最初の版だと思われるが、この本で、久保守という画家の名を知った。カバー・本体のデザインを早速スキャンした。


† 印象派時代


 福島繁太郎/著   

 久保 守/装幀

 石原求龍堂●

 昭和18年12月15日発行●A5判 243頁 8円50銭+特別行為税30銭  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


フジタ装幀の『蚤の市』の背も一緒にスキャンして・・・2018/07/14 14:55

背も一緒にスキャン

先だって東京の目黒区立美術館であった「藤田嗣治 本のしごと」展は、初めて見るものが多く、楽しい展覧会だった。図録を買って帰ったが、掲載用に複写する時、背が焼けていたためかカットしたものが、あった。表紙から背にへと、裏表紙に続いているものなので、焼けていても、一続きにして見えたほうがいいと思って、私の所持本で、続いているように何とかスキャンしてみた。


† 蚤の市(普及版)


 石黒敬七/著   

 藤田嗣治/装幀

 岡倉書房●

 昭和11年6月20日発行●B6判 336頁  壱円


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


発見、オギスの装幀本、マルセル・パニョルの『ファニー』2018/06/09 17:23

荻須高徳/装幀

港町マルセーユを描いた荻須の佳品。長らく捜していて、やっと巡り逢うことが出来た。早速スキャンした。これで、雄鶏社版のマルセーユ物は三部作は揃った。


† ファニー


 マルセル・パニョル/著 永戸俊雄/訳  

 荻須高徳/装幀

 雄鶏社●

 昭和23年5月25日発行●B6判 244頁 130円  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


岡本太郎の具象画 ! 湯浅年子の『フランスに思ふ』の表紙描いていた2018/03/19 08:56

母親の「パリ祭」に続く太郎の具象画の装本作品だと思えるので、スキャン。月曜書房という書肆との関係から描いたのではあるまいか。まあ、楽しい表紙ではある。


† フランスに思ふ


 湯浅年子/著   

 岡本 太郎/表紙絵

 月曜書房●

 昭和23年11月30日発行●B6判 265頁 170円  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/