オギス(荻須 高徳)の装幀本、パニョルの『セザール』2016/11/20 15:25

荻須 高徳/装幀

パニョルのマルセーユ物の一冊。港から見える教会がスケッチタッチで描かれている。その昔、一回だけ眺めたことのある教会風景が懐かしい。

あっさりしたタッチで、心和む。雄鶏社版のパニョルはみんなオギスの絵だったと思うが、私はこれが一番いいと思った。これは戯曲ではなく、映画のシナリオとして書かれたものであるらしい。


† セザール


 マルセル・パニョル/著  永戸 俊雄/訳 

 荻須 高徳/装幀

 雄鶏社●

 昭和23年8月30日発行●B六判 313頁 160円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


桂 ゆきの『半七捕物帖』発見! 彼女は時代劇の装幀もやっていた!2016/09/19 16:51

桂 ユキ子/装幀

和装小物のイメージで、この絵を描いたのかな。先生にしてはおとなしい。

三年前の回顧展の図録を取り出してみたら、若い頃のスケッチブックに和服生地柄の習作があった。この表紙はその一つのバリエーションなのだたろうか。

まあ時代物の装幀も手掛けていたとは知らなかったから、一つの収穫である。


† 半七捕物帖・三巻


 岡本綺堂/著   

 桂 ユキ子/装幀

 同光社●

 昭和22年6月30日第一刷発行●B6判  193頁 38円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


フジタ装幀「ノロ高地」には上製・箱入本があった。2016/08/27 21:20

装幀&扉絵/藤田嗣治

以前に紹介した戦記物のベストセラー「ノロ高地」の箱入に出会った。

廉価版と本体の絵は同じだが、箱のお陰で、本体は昨日印刷したような極美だった。しかし、ご覧のごとく箱絵の出来映えは本体を凌駕するものではなかったのは、ちょっと残念。フジタでもいつも、完璧であることは難しいのだろう。


† ノロ高地(ノモンハン戦車殲滅戦記)


草葉 榮/著   

装幀&扉絵/藤田嗣治●カット/従軍画家 江口眞一●鱒書房●

昭和16年6月10日(上製本・初版)発行●B5判 箱入り 331頁 2円50銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


扉から推定、もしかしたら恩地装幀本『恋愛無政府』は !2016/07/29 23:42

恩地 孝四郎/装幀(推定)

本体に装幀者名の記載がないのだから、恩地孝四郎の装幀本と断定は出来ないが、扉を見ればどうみても恩地本である 。

当該図書が出版された昭和5年前後の恩地本には当該本の扉のような装幀がままある。よく目にすると言ってもいい。

しかし、この本の本体はガラッと変わった、デッサン風筆致の絵で、また、楽しい。もし、恩地でなければ一体誰の作品なんだろう。教えてもらいたいものである。


† 恋愛無政府


 マルゲリット/著 大木篤夫/訳   

 恩地 孝四郎/装幀(推定)

アルス●

 昭和5年5月10日初版発行●四六判 カバー 462頁 1円50銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


難波田 龍起が装幀、野間宏の『地の翼 上巻』2016/07/25 16:01

難波田 龍起/装幀

 カバーに驚かされた。B六判の狭い空間から、宇宙へ突き抜ける広がりに、圧倒された。作者は難波田 龍起。これは絵画作品をストレートにカバーに転用したのだろうか。ついつい額装したくなるような絵である。

 本の内容を表現した作品でなくても、その美しさだけで、持っている人を幸せにする装幀の本も、また、あっていいのだと納得した。

 確か河出書房は一度倒産したから、下巻が出なかったのだろうか。もう、どちらにしても、半世紀以上前の話である(しかし、上巻を買ってしまった人はさぞかし困ったでしょうに !)。


† 地の翼・上巻


 野間 宏/著   

 難波田 龍起/装幀

 河出書房●

 昭和31年12月20日発行●B6判 カバー 473頁 350円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/