発見、オギスの装幀本、マルセル・パニョルの『ファニー』2018/06/09 17:23

荻須高徳/装幀

港町マルセーユを描いた荻須の佳品。長らく捜していて、やっと巡り逢うことが出来た。早速スキャンした。これで、雄鶏社版のマルセーユ物は三部作は揃った。


† ファニー


 マルセル・パニョル/著 永戸俊雄/訳  

 荻須高徳/装幀

 雄鶏社●

 昭和23年5月25日発行●B6判 244頁 130円  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


岡本太郎の具象画 ! 湯浅年子の『フランスに思ふ』の表紙描いていた2018/03/19 08:56

母親の「パリ祭」に続く太郎の具象画の装本作品だと思えるので、スキャン。月曜書房という書肆との関係から描いたのではあるまいか。まあ、楽しい表紙ではある。


† フランスに思ふ


 湯浅年子/著   

 岡本 太郎/表紙絵

 月曜書房●

 昭和23年11月30日発行●B6判 265頁 170円  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


中川一政の装幀本、『人生劇場 青春篇』2018/01/22 10:01

中川 一政/装幀

 傑作「人生劇場」の戦後版。普及版だから全六巻同じ装幀で出たようだ。確か先生のブックワークではモノクロ紹介だったので、手に入った機会にカラーで複写してみた。このシリーズ全六巻で、装幀はみんな同一のようである。しかし、カバーだけでなく、表紙も同一の意匠ながら、カラーで印刷されてあったから贅沢なもの。当時の作者の人気がうかがえる出版である。


† 人生劇場 青春篇


 尾崎士郎/著   

 中川 一政/装幀

 文藝春秋新社●

 昭和27年10月10日第一刷発行●B6判 261頁 180円(地方190円)  

シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


高校美術部の先輩の装画本『鳥のように獣のように』2017/12/16 19:17

中林 忠良/カバー装画

先週の土曜、川越の市立美術館へ先輩の銅版画展を見に行って来た。帰ってから、確か中林さんの装画の本もあったなあと思って、あちこち捜すと、中上健次の本が出てきた。 この文庫が出版された頃の制作なのだろうか。表題の飾り文字も作品に合わせたように作られていて、味のあるカバーになっていた。


† 鳥のように獣のように


 中上 健次/著   

 中林 忠良/カバー装画

 角川文庫●

 昭和53年12月20日発行●文庫判 308頁 300円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


ちょっと桂 ユキ子の絵とは思えない『細胞生活』の表紙2017/10/06 08:33

桂 ユキ子/カバーの絵

 初期のカッパの本である。誰の絵かと思ったら、「桂ユキ子」とあった。後年の彼女を思わせるものはあまり感じられない。まあ、先生の作品だからと、購入した。そしてスキャンした。


† 細胞生活


 杉浦 明平/著   

 桂 ユキ子/カバーの絵

 光文社●カッパ ブックス

 昭和28年4月10日発行●新書判 285頁 150円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/