また恩地先生の装幀本を発見 ! 『戦争と資源』2018/08/05 10:38

恩地 孝四郎/装幀

敗戦から七〇年以上、今となっては遠い昔の記憶となった叢書シリーズである。こんな本もあったのだ。そして装幀者は恩地先生だったので、ちょっとビックリ。

何だか怪しい空気が漂う時、何かただならぬサイン?。と思えなくもない。


† 戦争と資源 (国防科学叢書 8)


 延兼 数之助/著   

 恩地 孝四郎/装幀

 ダイヤモンド社●

 昭和18年8月25日初版発行●B6判 320頁 2円52銭  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


岡本かの子!『生々流転』は夫と息子の装幀本2018/08/02 11:15

装幀/岡本太郎

岡本太郎が、父と一緒に、母、かの子のためにした仕事。箱と、本体、扉などに太郎の具象画がある。

扉絵は有名な「痛ましき手」であるが。見返しや本体は不可思議な人物が描かれていて、サインがなければ、この絵が太郎の作とは誰も分からないだろう。

† 生々流轉


 岡本 かの子/著   

 岡本 一平/題字  岡本太郎/箱&表紙&見返し&扉絵(痛ましき手)

 改造社●

 昭和15年2月11日発行初版/同年6月1日十八版発行●B6判 539頁/貳円四拾銭  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


恩地本に遭遇 ! 敗戦から五年で、こんな綺麗な本が出版出来たとは!2018/07/21 12:42

恩地孝四郎/装幀

こんな本があったとは、古書市で、この本を手に取るまで知らなかった。息子さんの本には未掲載 ! しかし、例の装丁家で探す本には、ちゃんとこのシリーズ本は載っていました。やっぱり、あの本は凄いものです。一番きれいな本を選んで購入、スキャンしました。


† 耳なし芳一(日本童話小説文庫・11/小泉八雲代表作集)


 小泉八雲/著●山宮 允/訳   

 恩地孝四郎/装幀  さしえ/福沢一朗

 小峰書店●

 昭和25年6月20日発行●B6判 本文/249頁 解説/34頁  220円  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


久しぶりに田村店頭で収穫、青山二郎の装幀本『わが師わが友』2018/04/18 09:22

装幀/青山二郎

古書会館では買う物がなかった日。その帰りに必ず立ち寄る田村での収穫! 巻頭、装幀者の青山学校のことが書かれていて、楽しめた。


† わが師わが友


 大岡 昇平/著   

 青山 二郎/装幀

 創元社●

 昭和28年12月30日発行●B6判 222頁 240円  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


これは参った「棟方志功」装幀、『魚族』2018/03/08 07:40

棟方 志功/装幀

静かに人を惹きつける表紙である。装幀は棟方志功であった。作者には失礼だか読もうと思って手に取った本ではない。こんな素晴らしい本が古本市の最終日にあった。僥倖である。数日眺めてからスキャンした。


† 魚族


 小山 祐士/著   

 棟方 志功/装幀

 講談社●

 昭和15年6月26日発行●四六判 318頁 1円80銭  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/