「ビスマーク」。久々に恩地装幀本に出会えた!2015/09/17 13:14

恩地孝四郎/装幀

先週神田で恩地本を見つけた。これは、かわじ もとたか氏の労作『装丁家で探す本』には掲載されているのだが、息子さんの本には未掲載だった。

恩地先生にしては今ひとつの感も否めないが、折角だから、これもひとつの記録として掲載することにした。


† ビスマーク


 鶴見祐輔/著   

 恩地孝四郎/装幀

 大日本雄辯会講談社●

 昭和10年7月3日発行●四六判 箱入り 503頁 1円50銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


ついで「ビスマーク」の箱も、ご紹介。2015/09/23 11:53

このところ新発見のいい装幀に出会えないので、前回の恩地本の箱をスキャンしてみた。

良いカラーバランスの装幀は適当にスキャンしても、仕上がりは良いものだが、この本は手こずってしまった。また何か、未知の素敵な装幀本に出会いないものだろうか、ここの所、面白くない日々が続く。


† ビスマーク(箱)


 鶴見祐輔/著    

 恩地孝四郎/装幀 

 大日本雄辯會講談社●

 昭和10年7月3日初版発行●四六判 503頁 1円50銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


また、比左良先生の装幀本!2015/09/28 20:02

田中比左良/装幀・挿絵

何しろ、終戦間もない頃の本だから、本の作りは粗末極まりないのがちょっと残念である。しかし比左良が本文の挿絵まで書いているから内容的には豪勢?

小説は戦前に出た小説の再出版で、流行作家には失礼かと思うが、読もうと思って買ったものではない。扉絵や挿絵とともその装幀は充分楽しんだ。


† 全権先生


 佐々木 邦/著  

 田中比左良/装幀・挿絵

 光文社●

 昭和22年6月5日初版発行●B6判 194頁 35円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/