こんな人が装幀を!(五)ただならぬ気配を感じた川村清雄の『洗心広録』2013/03/14 10:51

装幀/川村清雄

最近では意識的に古書店に立ち入ることは避けている。なるべく古本を買わないためだ。神田へも晴れの日に即売会に行くぐらいにして蔵書の増殖を避けている。

しかし神田へ行けば、必ず店先の格安本を一度は漁ってみる店がある。悪癖だ。これは直らない。

それは箱なしだった。それが幸いした。露伴だから箱に収まっていたら、手にとることもなく、わざわざ箱から出して見ることもなかったろう。そしてその表紙に目を奪われることはなかったろう。

何が幸いするか分からない。箔押しされた表紙にただならぬものを感じた。箱欠で、再版、背にぶっつかった凹みキズがあるので格安であった。

装幀者名は書いていない。取り敢えず購入して調べてみたら、江戸博などで昨年再評価の展覧会があった川村清雄であった。


† 洗心廣録


 露伴學人(幸田成行)/著

 装幀/川村清雄

 至誠堂書店●

 ●大正15年6月12日発行/6月20日再版●B6判(128×182ミリ) 612頁 3円80銭


源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


田中一光の装丁(1)戸川昌子『猟人日記』2013/03/29 07:58

装丁/田中一光 撮影/福田由也

田中一光。戦後活躍した偉大なグラフィック・デザイナーである。本の仕事も多い。昨年大きな回顧展があった。

作者の戸川昌子はシャンソンを歌ったいた異色の作家で、この作品で直木賞候補になっている。両者の出会いは面白い取り合わせである。

氏はこの年代、創元推理文庫の表紙や、単行本の装丁を手がけていたようだ。まだ、一光調、全開とは言えないが、実にいい。惹かれて、つい買ってしまった。また悪い癖が出た。


† 猟人日記


 戸川 昌子/著

 装丁/田中一光 撮影/福田由也

 講談社●

 ●昭和38年8月25日発行/10月30日第3刷●四六判(128×189ミリ) 233頁 320円


源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/