装幀に屈託あり(13)恩地孝四郎・世界名作童話全集 「せむしの子馬」2011/12/05 14:45

恩地孝四郎・装幀/カバーと本体・平(右)

恩地の前に恩地なく、恩地の後に恩地なしと言ってはいささかオーバーだが、日本の装幀界に残した先生の足跡は大きいものだ。 私も何か先生の装幀本を持ってないかと捜した。

で、出てきたのが『せむしの子馬』。昭和25年に講談社から刊行された「世界名作童話全集」全12巻の一冊である。

カバー絵は若山旅人であるが、全12冊に共通する掲載のカバー意匠は恩地孝四郎の物と思われる。先生の息子さんが編集し、お孫さんが今年三省堂から出した『新装・装本の業』にはカバーは未掲載だから推定するしかないのが、残念である。


†せむしの子馬


 ピョートル・イェルショフ/著 岸 なみ/編 著 

 恩地孝四郎/装幀 表紙・口絵・さしえ/若山旅人

 講談社版・世界名作童話全集(3)●昭和25年10月5日発行

 ●A5判(140×210ミリ)・167頁 150円


↓角川文庫の翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/

こんな文庫・あんなカバー(10)ハリイ・ケメルマン『土曜日ラビは空腹だった』2011/12/08 06:54

北園克衛/装幀

表紙カバーは北園克衛、老大家のご登場。しかし矍鑠として、お若いモダンな表紙である。モダニストの詩人の面目躍如というところだろう。

先生のお仕事のすべてを知悉しているわけではないが、このシリーズが入っている、ハヤカワ文庫の解説目録の表紙も同じコンセプトのデザインだった時があり、私は好きである。

現在は本書は品切れ。古本屋で見つけたら、室内装飾としてでも買っておかれたらどうだろう。もちろん、中身のケメルマンも楽しめるので、損はしないはずである。


† 土曜日ラビは空腹だった ハヤカワ・ミステリ文庫 


 ハリイ・ケメルマン/著 青木久恵/訳 北園克衛/カバー

 早川書房 昭和51年10月31日 初版 発行

 A6判(105×148ミリ) 303頁 340円

装幀に屈託あり(14)模範家庭文庫 「こども聖書 旧約物語」2011/12/10 09:54

初山滋/装幀・挿絵

なんとも豪華な児童書である。これだけ贅を尽くした造本、装幀、は同時期に丸善から出版された「日本童話選集」と並ぶ企画内容だろう。

両二つのシリーズ本については、二十年前に開催された「子どもの本・1920年代」展の目録に詳しい。

この本いささか持つ手には重い。が、たくさんある本文や別刷りの初山滋の挿絵を眺める至福の時を過ごせるのだから。冨山房に感謝である。


†こども聖書 旧約物語


 中村星湖/編・著

 初山 滋/装幀・挿絵

 (口絵1点、別刷挿絵16点、本文カット絵121点)

 ●楠山正雄/企画・編集

 冨山房●模範家庭文庫全二十四巻の内22巻目

 ●昭和7年12月25日発行●菊判(152×221ミリ)上製 箱・521頁 2円80銭


角川文庫の翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


◎「子どもの本・1920年代」展の目録ヤフーで処分します/ ↓http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g85558179

装幀に屈託あり(15)シドニー・キングスレー 「探偵物語」2011/12/15 09:30

野口久光/装幀

数々の名作ポスターで著名な野口久光氏の装幀本である。例の野口調のイラスト画の表紙ではない。こうした意匠の装幀も手がけていたのは知らなかった。

蔵書の整理をしていて、何気なしに手にとり、ちょっと気になり、どなたのお仕事と思ったら野口久光と明記されていた。

確か早川書房から、映画のスチール写真をカバーに使った「探偵物語」も出ていたから、これは後版かな、とにかく、私にとって新発見であった。


†探偵物語


 シドニー・キングスレー/著 菅原 卓/訳 野口久光/装幀

 早川書房●昭和29年12月25日発行

 ●B6判・286頁 120円


↓角川文庫の翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/

装幀に屈託あり(16)装幀者不詳の 「モン・パリ変奏曲・カジノ」2011/12/20 10:37

モン・パリ変奏曲・カジノ

戦前ではちょっと手の込んだ装幀の本でも装幀者の分からないことがやたらとあって、困る。まったく本の意匠の著作権など頭になかったということなのだろうか。

春陽堂のこのシリーズは表紙と同じカバー付で、見返しや扉、目次、各ベージのノンブルのデザインも趣向があって面白いのだが、いったい誰のアートディレクションなのか、分からないのだ。

写真やイラストも数点あるのだが、やはり誰のものか書いていない。原書からの無断盗用なども平気で横行していたのだろうか。春陽堂さん、どういうことですか。


†モン・パリ変奏曲・カジノ


 フィリップ・スーポー、フランシス・ミオマンドル/著

 石川 湧・丹 京一郎/訳 装幀/不明

 春陽堂●世界大都会尖端ジャズ文学(4)

 ●昭和5年4月18日発行●四六判・326頁 1円50銭


↓角川文庫の翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/