装幀に屈託あり(26)東郷青児の「世界女流作家全集」2012/02/03 07:16

装幀/東郷青児

お菓子屋さんの包装紙はもう見るのも嫌だが、ここには昔むかしの青児調の美女が描かれている。それだけで楽しい。

箱絵はなぜかオリエンタルなムードというか、アジア的な風景なのか? ちょっと不思議マーク…。

ベニスのゴンドラとも受け取れないこともないが、この箱絵だけだったら、東郷青児の作品としては紹介しなかったと思う。


† 母と子 世界女流作家全集 第二巻 仏蘭西編 1


 リュシ・ドウラリュ=マルドリウス他/著 新庄嘉章/訳

 装幀/東郷青児

 モダン日本社●

 ●昭和16年1月19日発行●四六判 上製箱 386頁 2円

装幀に屈託あり(9)東郷青児の仕事 「水の子」補遺2011/10/27 06:57

東郷青児・挿絵

東郷青児は女性を描いて、確乎たる地位を築いた画家と思うが、このような子供の絵も捨てがたい。

彼が挿絵や表紙を描いた本は数冊所持しているが、いずれも終戦直後の相当粗末な本で、その上、得意とする女ばかりが描かれたいた。

この本は違っていた。本もまあまあの状態で、その上、ちょっとあまり見かけない画風で、最初、東郷青児のものとは思えなかった。


† 水の子


 キングスレイ/著 阿部知二/訳 東郷青児/装幀・挿画

 国立書院●昭和22年12月25日発行

 ●B6判・286頁 120円


↓角川文庫の翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/

●装幀に屈託あり(8)東郷青児の「ロマンス・シート」2011/10/26 09:07

東郷青児・表紙画

 これは翻訳ではなくて、著者自身の体験をちりばめたたエッセー。パリ時代の思い出を中心とした随想と思って買ったが、いささか違っていた。

 購入したのはかなり昔で、長らく放りだしたままであった。今回斜め読みしたら、様々なエピソードの中には、著者のラブアフェアも登場するので、なかなか面白い。

 しかし、ご自身の本だから表紙画は当然として、扉画を他人に任せているのはどういうことか、吉村勲とはいかなる人物か、寡聞にして分からなかった。調べると、マネキンの大家で二科会の重鎮でした。これで、疑問は氷解しました。お友達でした。


† ロマンス・シート


   東郷 青兒(とうごう せいじ) 著

   出版東京 コバルト選書 昭和27年8月15日 発行

   四六判(130×188ミリ) 233頁 190円(都内180円)

   仏装・表紙画/東郷青児 扉画/吉村 勲

●パリの本(10)女ひとりの巴里ぐらし2011/10/24 13:54

カバー・荻須高徳

 シャンソン歌手、石井好子の処女出版である。在仏の日記から、本にまとめたと後書きにある。著者のパリ修業時代が描かれ、当時の下積みの芸人世界が細々(こまごま)わかって面白い本になっている。

 カバー袖には三島由紀夫の推薦文があり、装幀は東郷青児、荻須高徳と、新書ながら錚々たる人物が関わっていて、彼女のその筋での人気は相当のものであったのだろう。

 この本の見返しには、パリ滞在の娘に代って、世話になった舞台演出家に宛てた父親、石井光次郎の代筆・献呈署名があるのが、何とも微笑ましい。


† 女ひとりの巴里ぐらし


   石井 好子(いしい よしこ) 著

   鱒書房 コバルト選書 昭和30年8月15日 発行

   新書判(105×175ミリ) 176頁 120円

   カバー/荻須高徳 表紙/東郷青児 推薦文/三島由紀夫

装幀に屈託あり(5)東郷青児の仕事 その貳2011/10/09 08:44

「水の子」東郷青児・挿絵

この「水の子」には別刷りで八点の挿絵がある。いずれも状態が良い。

昭和22年、敗戦の翌年の歳末に発行された本と考えると、大した出版であると思う。

訳者の阿部知二氏も本書のはしがきで、前に二度この翻訳本が発悦されたが、今回一番りっぱな本になるだろうと書いている。

掲載した挿絵は第五章の始めにある。主人公トムと魚たちとの戯れが楽しく描かれている。


†水の子


 キングスレイ/著 阿部知二/訳 東郷青児/装幀・挿画

 国立書院●昭和22年12月25日発行

 ●B6判・286頁 120円


↓角川文庫の翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/