オードリー・ヘップバーンの本(15)2011/07/20 08:50

オードリー・ヘップバーン

† 朝日ソノラマ 映画音楽(1)

   ヘップバーン/ティファニーで朝食を etc


  朝日ソノプレス社 昭和36年10月21日 発行

  ★ソノシート判サイズ(210×192ミリ) ソノシート5枚入り 26頁 380円★


ビデオのない時代、このムーン・リバーを収録したソノシートは貴重でした。ギターを奏でるホリーの歌声を聞き、しばし非常階段のシーンを思い浮かべたものです。

オードリー・ヘップバーンの本(14)2011/07/18 11:00

「ティファニーで朝食を」日本語訳・初版

† ティファニーで朝食を

  トルーマン・カポーティー 著 龍口直太郎 訳

  新潮社 1960年2月29日 発行

  四六判(127×188ミリ) カバー付 220頁 350円


映画の日本公開の前年にこの翻訳は出ているので、初版カバーにオードリーの姿はありません。装幀者は田中一光です。ニューヨークをニュー・ヨークと中黒入りで表記するなど、時代を感じさせる訳文です。

現在は村上春樹氏の新訳の代わり、今も新刊でこの作品が読めるのですから、この作家、この作品の人気はたいしたものです。オードリー映画の原作ということも少しは関係しているのでしょうか。

●追記:オードリーのスチール写真がカバーに使われたのは、どうも、文庫になってかららしい(2011.7.23)。

オードリー・ヘップバーンの本(番外)2011/07/09 11:23

インターナショナル・カバーガール

オードリー・ヘップバーンの "international cover girl" を買う

なら後から出た米国版を買え!


今年も、東京国際ブックフェアに行って来ました。 以前、シムノンの本などが買えて、味をしめていたので、洋書のバーゲン会場を覗いてみたら、ありました一冊、雑誌の表紙になったオードリー・ヘップバーンのコレクションを主に編集したもの。

珍しい画像もたくさんあって、価格もほぼ半額の2500円でしたので、購入。

ネットで問題になっていた箇所も、後版では改善されていました。これから、古書店などで購入する場合は米国版がよろしいか思います(カバーデザインは同じですが、ページ数と発行元で確認できます)。


† AUDREY HEPBURN INTERNATIONAL COVER GIRL


  Scott brizel 著

  Chronicle Books 2009年 発行

  大判サイズ(228×278ミリ) 271頁 $45.00 U.S.

オードリー・ヘップバーンの本(13)2011/07/08 09:13

許されざる者

† 許されざる者

  アラン・ルメイ 著 蕗沢忠枝 訳

  新潮社 1960年7月20日 発行

  新書サイズ 252頁 260円


訳者のあとがきによると、この原作者は西部小説の第一人者であるらしい。ジョン・フォードの傑作「捜索者」も、この作者の作品の映画化。

あまり見かけない本であるが、以前、日本の古本屋のサイトにはあった記憶がある。

時間ができたら、読んでみよう、正直言って、まあオードリー・ヘップバーンの映画の原作本でなかったら、購入しなかったものだけれど。

オードリー・ヘップバーンの本(12)2011/07/03 07:05

シナリオ:許されざる者

† 許されざる者

   英和対訳シナリオ(No.18)


  大和 一郎 訳/勇

  外国映画出版社 昭和35年7月15日 発行

  B5判サイズ 52頁 120円


昔、映画館で見たときは感じませんでしたが、ビデオで見た時、この映画の白人主義にはビックリしました。

単なる西部劇としてみれば、インディアンがバッタバッタと撃ち殺されても構わないのでしょうけど。今の時点で考えると、違和感を感じざるを得ない映画でしょう。

オードリーの可憐さが痛ましい。