岡本かの子の自装本『世界に摘む花』2017/12/22 18:25

著者自装

岡本かの子の旦那は一平さんだが、かの子女史もこんなに絵がうまいとはこの自装本を見るまで知らなかった。息子・太郎の記念館のホームページには箱しか載っていなかったので、扉と箱を一緒にスキャンしてみた。 その扉の絵はエッフェル塔の足が描かれていて、息子・太郎さんの描く「パリ祭」再版と、いい勝負!。


† 世界に摘む花


 岡本 かの子/著   

 岡本かの子/装幀&装画

 実業之日本社●

 昭和11年3月1日発行●四六判 384頁 1円50銭  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


高校美術部の先輩の装画本『鳥のように獣のように』2017/12/16 19:17

中林 忠良/カバー装画

先週の土曜、川越の市立美術館へ先輩の銅版画展を見に行って来た。帰ってから、確か中林さんの装画の本もあったなあと思って、あちこち捜すと、中上健次の本が出てきた。 この文庫が出版された頃の制作なのだろうか。表題の飾り文字も作品に合わせたように作られていて、味のあるカバーになっていた。


† 鳥のように獣のように


 中上 健次/著   

 中林 忠良/カバー装画

 角川文庫●

 昭和53年12月20日発行●文庫判 308頁 300円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


久しぶりにフォト・ショップが活躍。 青児の装幀本『詩と詩人』2017/11/29 11:21

東郷 青児/装幀

たまたま即売会もないのに神田古書街(今では飲食店だらけ)を所要で歩いていたら、外台の山にこの本があった。多少のヤケはあるものの、新品同様のピカピカ。幸運を喜んで、購入した。 娘さんの本では表紙しか、撮影されていなかったので、フォトショップで背と裏表紙を一体化して一枚の絵にしてみた。


† 詩と詩人


 堀口 大學/著   

 東郷 青児/装幀  扉カット/アポリネエル

 講談社●

 昭和23年10月30日発行●B6判 323頁 250円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


志功の装幀本『増補新版 後鳥羽院』2017/11/22 17:17

棟方志功/装幀

筆者で買った本ではない。志功の装幀本ということで、買った。志功の二冊目の本。書影を眺めているだけでも楽しくなる。カバーと本体は同じだったので、焼けていない本体をスキャンした。


† 後鳥羽院


 保田與重郎/著   

 棟方志功/装幀

 萬里閣●

 昭和17年5月15日初版発行●昭和18年4月20日再版●B6判 469頁 2円80銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


またまた華やかな恩地本! 『グレート・ラブ』2017/11/17 17:56

恩地 孝四郎/装幀

華やかで、美しい本である。カバーがあったが背が焼けていたので、本体をスキャンした。息子さんの本では、写真はカラーでなかったので、こんなに華やかな装幀だとは思っていなかった。


† グレート・ラヴ


 コロンタイ/著 内山賢次/訳   

 恩地 孝四郎/装幀

 アルス●

 昭和5年3月9日発行●四六判 250頁 壱円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/