岡本かの子!『生々流転』は夫と息子の装幀本2018/08/02 11:15

装幀/岡本太郎

岡本太郎が、父と一緒に、母、かの子のためにした仕事。箱と、本体、扉などに太郎の具象画がある。

扉絵は有名な「痛ましき手」であるが。見返しや本体は不可思議な人物が描かれていて、サインがなければ、この絵が太郎の作とは誰も分からないだろう。

† 生々流轉


 岡本 かの子/著   

 岡本 一平/題字  岡本太郎/箱&表紙&見返し&扉絵(痛ましき手)

 改造社●

 昭和15年2月11日発行初版/同年6月1日十八版発行●B6判 539頁/貳円四拾銭  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/