縄跳びの少女は誰の作?向井潤吉装幀となっている『シェクスピア物語』と並べる2018/07/05 08:15

どうしても同じ版下?

「藤田嗣治 本のしごと」で藤田装幀をされている同一シリーズの『レスター先生の学校』を『シェイクスピア物語』と並べてスキャンした。 裏表紙にある「f」のサインがフジタと思わせないでもないが、どうしても同じ版下を使ったとしか思えない『シェイクスピア物語』には、はっきり装幀&挿絵・向井潤吉とあるのだろう。この不思議?、どうしてこんなことか、今まで見過ごされ来たのか。謎は謎を呼ぶ!


† レスター先生の学校


 メアリ・ラム&チャールス・ラム/共著 西川正身/訳  

 有岡 一郎/画

 国立書院●

 昭和22年10月5日発行●B6判 178頁  60円


† シェイクスピア物語


 平田禿木/著  

 向井潤吉/装幀&挿画

 刀江書院●

 昭和34年1月1日発行●B6判 184頁 180円  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://buraburaaruki.asablo.jp/blog/2018/07/05/8909597/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。