恩地先生装幀の『日本少国民文庫』には箱があったのだ!。2018/02/07 15:41

恩地孝四郎/装幀

恩地先生の「装本の業」では本体のみがカラーで紹介されたいたので、このシリーズ本が箱入りとは思っていなかった。 たまたま、デパートの催事の古書市で、このシリーズ本を数冊見かけたので、そのうちの一冊を購入。箱があった本に出会えて、その僥倖を喜んだ。


†人間はどれだけの事をして来たか (二)日本少国民文庫・第二巻


 石原 純/著   

 恩地孝四郎/装幀

 新潮社●

 昭和12年3月8日発行●変型サイズ(196×153ミリ)318頁 予約定価壱円  


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


発見、初山滋の装幀本『劇の書き方』学校劇シリーズ(6)2018/02/12 11:35

初山 滋/装幀

やっぱり、時間があったら、古本市には行くものだ。これも見かけない本である。装幀は初山滋。本体、カバー、見返し、扉。全部が初山滋の世界で埋め尽くされている。

当該本はシリーズの(6)。何巻まで出版され、どんなシリーズ構成なのか、巻末によくある紹介がないので分からない。困ったものである。


† 劇の書き方(学校劇シリーズ 6)


 わだ よしおみ/著   

 初山 滋/装幀  西田 勝/カット

 誠文堂新光社●

 昭和28年7月1日第一刷 昭和33年3月10日第二刷発行 ●A5判 204頁 280円(地方定価 285円)  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/(今月末まで)

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/