青山二郎の装幀本『純粋小説全集』の不思議?2017/08/22 07:19

青山 二郎/装幀

たまたま有光社の『純粋小説全集』の端本を続けて購入する機会に恵まれた。最初はカバーなしだったので、カバーがあるものを見つけて喜んで購入、前のものと比べて、びっくりした。

箱の全体を覆う青山二郎タッチの絵柄模様が微妙に違っていた。普通、シリーズ物の意匠は同じものを使うのが普通だと思ったいたが、その上、この全集、箱の背の意匠は完全に違っていた。

彼、青山二郎はコンセプトは同じでも、一冊ごとに箱絵を描いたごとになる。何とも面白いことをしたものだ。二冊並べてスキャンしてみた。


† 純粋小説全集 第四巻『鞭を鳴らす女』


 岸田國士/著   

 青山 二郎/装幀

 有光社●

 昭和11年8月5日発行●四六判 箱入り 245頁 1円50銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://buraburaaruki.asablo.jp/blog/2017/08/22/8653219/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。