均一本の棚で見つけた、杉浦非水の装幀本『映畫の見かた』2017/07/31 17:55

杉浦非水/装幀

なにしろ、戦争の真っ最中の出版だから、粗末なところは仕方がない。あの非水の絢爛さは望むべくもないが、手にとった本は非水の装幀だった。 カバーか、箱があったのだろうか、奥付に初版三千部とあった。あの戦争中、映画の本が初版三千部 ! まだ、まだ、ゆとりがあったようだ。


† 映畫の見かた


 飯島 正/著   

 杉浦非水/装幀  

 文昭社・教養文庫●

 昭和18年2月28日発行●B6判 296+5頁 壱円五拾銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://buraburaaruki.asablo.jp/blog/2017/07/31/8635248/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。