読むことはない本。でも、美しい本。眺める本。『苺つみに頃』2017/06/18 15:57

難波田龍起/装幀

前回に続いて、難波田龍起。昔の河出文庫のカバーは著名な画家さんの絵だった。優雅なものである。これも私が持っている難波田龍起の図録には掲載されていなかった作品。参考のためにスキャンしてみた。


† 苺つみに頃


 コールドウェル/著  龍口 直太郎 & 小林 健治/訳  

 難波田龍起/装幀

 河出文庫●

 昭和31年8月15日初版発行●文庫サイズ 142頁 80円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://buraburaaruki.asablo.jp/blog/2017/06/18/8599849/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。