なんとなく箱がありそうな恩地装幀本『数学千一夜』?2017/05/15 12:08

恩地 孝四郎/装幀

高円寺の古書展の外台で、背を見せていた本。何気なく引っ張り出すと、恩地装幀本だった。カバーか、箱がありそうな本だが、均一だから、それは望むのは、ちょっと欲張り。スキャンするために購入した。

家へ帰り、当該本を調べると、戦後も何回か別の書肆から出されているようなので、きちんと評価の定まった内容の書と思われる。


† 数学千一夜


 吉岡 修一郎/著   

 恩地 孝四郎/装幀

 青年書房●

 昭和16年7月5日発行/同年7月20日再版●B6判 344頁●定価/1円80銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://buraburaaruki.asablo.jp/blog/2017/05/15/8559848/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。