青児先生の異色の装幀?本『銀座二十四帖』2017/05/08 09:50

東郷 青児/装幀

ちょっと目には東郷青児の装幀思えないが、表紙の絵に惹かれて、装幀者名を確認したら東郷青児だった。

こうした画風の絵は見たことがなかったから、ちゃんと装幀者名が印刷されていて良かった。改めて表紙を良く見たら、小さいサインが入っていた。扉絵も素晴らしいので、次にスキャンして、掲載したい。


† 銀座二十四帖


 井上友一郎/著   

 東郷 青児/装幀

 新潮社●

 1955年9月15日発行●B6判  195頁 200円(地方定価210円)  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/