これは贅沢、青山二郎の編纂、装釘の 『道徳と教養』 !2017/04/17 19:43

青山 二郎/編纂&装釘

箱は青山二郎の本、見て直ぐ分かった。難を言えば、収載する文章が多過ぎたのか、ちょっと、本文の文字が小さいので、読んでいくのがしんどい。しかし、青山二郎が友人のため、作品選択がら、構成、組版まで、手掛けたと後記にあった。宜なるかな、その版面は美しく、良い友を持った著者を羨ましく思った。


† 道徳と教養


 河上徹太郎/著   

 青山 二郎/編纂&装釘

 實業之日本社●

 昭和15年7月21日発行 同年11月22日十九版●四六判 箱入り 419頁 定価2円30銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://buraburaaruki.asablo.jp/blog/2017/04/17/8491098/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。