またあった、桂 ユキ子の装幀本『新しい童話 一年生』2017/03/06 08:42

桂 ユキ子/装幀

これも見かけない本である。装幀は桂ユキ子。どこかの図書館の廃棄本だから、状態は悪いが購入した。

本文の挿絵は別人だが、表紙や扉、見返しは桂ユキ子。珍しいものと思うので、スキャンしてみた。

まだまだ、先生の未見の装幀本があるかも知れない。たった一度しかお会いしたことがないが、また先生の懐かしいお顔を思い出した。


† 新しい童話 一年生


 浜田 廣介/著   

 桂 ユキ子/装幀●挿絵/黒沢梧朗

 鶴書房●

 昭和28年4月10日発行●A5判 187頁 220円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://buraburaaruki.asablo.jp/blog/2017/03/06/8394216/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。