『情報の集め方』。驚き、こんなカッパの本の装幀もやっていた亀倉先生!2017/01/22 17:23

亀倉 雄策/カバー・デザイン

半世紀ぐらい前である。東京でオリンピックが開催された年、この本は出た。 情報革命の時代を予測したような同書は発売されるや版を重ねたようである。そのオリンピックのポスターデザイナーがブックデザインをしたのも何か不思議な縁。さすが神吉春夫である。


† 情報の集め方


 有田 恭助/著   

 亀倉 雄策/カバー・デザイン

 光文社/カッパ ・ビジネス●

 昭和39年4月15日初版/5月25日18版発行●新書版 204頁 230円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://buraburaaruki.asablo.jp/blog/2017/01/22/8331343/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。