アップダイクの『プアハウス・フェア』、池田満寿夫のカバーだった。2016/01/07 10:02

池田 満寿夫/カバー

何とも不安定な書名の入れ方だろうと、最初この文庫を手に取った時は思った。

だがこれはカバーには、通常書名の上に来る「新潮文庫」という文字が抜けていたからだった。そう考えてみると、これはこれでいいのかも知れない。

池田満寿夫の世界展の図録ひっくり返したが、七〇年前後の作風を窺わせるものは、このカバーには何もない。珍しいと思ってスキャンした。


† プアハウス・フェア


 アップダイク/著  須山静夫/訳 

 池田 満寿夫/カバー

 新潮文庫●

 昭和46年9月30日発行●文庫判 264頁 160円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


書名が埋没、表紙装幀の悪例か ? 『青年』2016/01/19 07:49

木村 荘八/装幀

この装幀、絵として見ると、味があっていいのに、肝心の書名が絵柄に埋没してしまっていて、すぐには判読不可能。木村荘八先生としてはどうしたことか。困った装幀である。まあ、カバーは初めて見るので、スキャンした。

ピエ・ブックスの大著「大正 昭和のブック・デザイン」では本体しか紹介されていなかった。まあ、箱かカバーあるだろうと思っていたが、少なくともカバーはあることはこれで分かって、良かった。


† 青年


 林 房雄/著   

 木村 荘八/装幀

 創元社●

 昭和17年9月5日再版発行●四六判 カバー 427頁 2円30銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


「ソロモン海上決戦」! こんな恩地本もあった! 竹橋の回顧展にも期待!2016/01/31 15:56

恩地孝四郎/装幀

島嶼と、水底と、潜水艦のイメージか、あんまり私はこの装幀は好きではないが、なぜかこの本、息子さんの編集した『装本の業』には掲載されていないので取り上げた。

回顧展の広告にはブックデザインとも書かれているから、装幀本も展示されているのだろう。 どんな本が並んでいるのだろうか?

会期は二月末までだから、充分行けるし、是非行ってみたい。


† ソロモン海上決戦


 平出英夫/著   

 恩地孝四郎/装幀

 興亜日本社●

 昭和18年2月20日発行●B6判 202頁 80銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/