石版画の詩人が手がけた、内田百間『菊の雨』2014/08/02 07:30

織田一麿/装幀

箱がある本らしいが、私はまだ見たことがない。しかし、本体の美しさで十分である。

もっと、装幀の仕事があってよさそうな画家のように思えたが、いろいろ調べてみても見つからなかった。たぶんこの本以外に装幀の仕事はしなかったのだろう。

どんな作品がある作家なのだろう? 気になって、図書館から、その昔出た「織田一磨 全石版画集」を取り寄せたみた。

薄い貧弱な本で、掲載作品のサイズが小さいので、見ていて、ちょっともどかしい。それが、ちょっと残念だった。それでも、モダンなハイカラな雰囲気のいい作品がぞろぞろある。満足できた。

今ならもっといい本で出版されてしかるべき作者、作品であると思う。


† 菊の雨


 内田百間/著 織田一麿/装幀

 新潮社●

 ●昭和16年9月30日4刷(初版14年10月29日発行) 箱 368頁 1円80銭  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


没後出版、岸田 劉生『美の本體』の苦肉の策?2014/08/15 17:04

まさしく劉生、初版は箱であった?

この本の初版は昭和十六年の五月。劉生である。十一版だから、戦争中でもよく売れたらしい。もちろん、著者の没後の出版だから、劉生先生ご本人は関与していない。

しかし装幀はまさしく「劉生調」そのもの。カバーはどこかで見たような気がして仕方ないので、その昔出た「岸田劉生装幀画集」を取り寄せ閲覧した。

貴重な本なので、貸し出しは駄目で、図書館内だけの閲覧である。全部で62点の装幀作品が掲載されていた。

掲載した『美の本體』のカバーはその48番目の佐藤春夫の『我が一九二二年詩集』の表紙と同じ絵柄であった。木版であるから、摺の加減か微妙に違っているが、もしかしたら、通勢先生が題辞をはめ込む時についでに模写したのかしら?、委細は分からない。

ちなみに本体の装幀は「岸田劉生装幀画集」の最後、62番目に掲載されていた『木下利玄全歌集』のそっくりさんでした。

 ※この本の昭和17年頃までの重版は函入りであった。絵柄はカバーと同じ。2014年9月6日


† 美の本體


 岸田 劉生 /著 武者小路 実篤/序

 岸田 劉生/装画 河野通勢/題簽

 河出書房◎

 ★昭和18年10月20日11版印刷発行★B6判・カバー 323頁 2円30銭+特別行為税相当額30銭合計 2円37銭


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ//

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


「美の本體」の本体の装幀2014/08/20 07:39

岸田 劉生/装画 河野通勢/題簽

「美の本體」の初版は箱があったらしい。それにカバーがあったのかは分からないが、重版のカバーを剥がしてみると、『木下利玄全歌集』のそっくりさんであったわけで、また、それをスキャンしてみた。ご覧下さい。


† 美の本體


 岸田 劉生 /著 武者小路 実篤/序

 岸田 劉生/装画 河野通勢/題簽

 河出書房◎

 ★昭和18年10月20日11版印刷発行★B6判・カバー 323頁 2円30銭+特別行為税相当額30銭合計 2円37銭


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ//

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/