横尾忠則の仕事 『グリニッジの光りを離れて』2014/07/09 17:57

装幀/横尾 忠則

昨年、大御所デザイナーの横尾忠則氏の装幀の本が出来た。たまたま近くの図書館に収蔵されていたので、借り出して見た。

氏の長年にわたる仕事の集大成だから、版も大きく分厚く重い本であった。圧倒的な迫力である。昔むかしの、寺山修司の本などが出てきて懐かしかった。

中でも、先生の作品らしくないのが、ご紹介するこの本の装幀だった。ご自身の語ることによると、画家宣言をした1980年、著者からの依頼の仕事であったという。非常に絵画的で、それまでの横尾調は全くない、異色の作品である。

「全装幀集」には、カバーの表面しか複写されていなかった。裏表紙まであったほうがいいので、以前、買ってあった所持本で、裏面までスキャンした。


† グリニッジの光りを離れて


 宮内勝典/著

 装幀/横尾 忠則

 河出書房新社●

 ●1980年11月4日再販発行(初版同年8月25日)●四六判  196頁 980円


源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://buraburaaruki.asablo.jp/blog/2014/07/09/7384079/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。