大御所の装幀! 梅原龍三郎の『大家族』2013/11/16 07:54

梅原龍三郎/装幀

上下2冊本、同一装幀である。訳者の一人は巨匠の息子さん、若くしてなくなったらしい。

息子さんのために一肌脱いだのだろうか、題字も合わせて雄渾な筆遣いはさすがである。

この本、いけないことだが時々表紙を眺めるだけで、読んでみようと思ったことはない。


† 大家族 上巻


 モオリス・ドリュオン/著 市原豊太&梅原成四

 梅原龍三郎/装幀

 創元社●

 ●昭和25年8月25日発行●四六判 221頁 180円


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ//

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/