恩地孝四郎の仕事(4)偶然?異装『柚子の種』?2013/10/12 09:19

装幀/恩地孝四郎

この本の箱は例の先生の「装本の技」には掲載されていなかったので、箱付の本が手に入って喜んだ。

 が、しかし、金箔押しの布表紙に、縦に四本、白いかがり糸があった。裏にも二本、両方とも、バランスよく配置されていて、一瞬、異装本かとも思ってしまった。

 なにしろ、当該本は著者の土岐善麿が知人に贈呈した署名本である。造本に瑕疵のある自著を贈るだろうか?とか、はたしてミスを承知の上、版元は著者にこの本を手渡したのだろうかとか、いろいろ謎は深まり、判断に戸惑う。

 困ったことだ。


† 柚子の種


 土岐 善麿

 装幀/恩地孝四郎

 大阪屋号書店●

 ●昭和4年11月7日発行●箱 四六判(125×185ミリ) 383頁 1円90銭    


源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://buraburaaruki.asablo.jp/blog/2013/10/12/7006414/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。