東君平のカバー「ローマ劇場毒殺事件」2013/08/28 14:01

東 君平/カバー(装幀)

私は永らく東君平氏を漫画家・イラストレーターだと思っていたが、ネットで検索してみたら、絵本作家として通っている方だった。

いつから先生がこのクイーンのシリーズのカバーを担当なさったかは定かではないが、角川文庫のクイーン物は一時期全部東君平氏のものであったと思う。このことは巷間あまり知られていないのだろうか。

私はそのうちの四、五冊ぐらいしかまだ見ていないのだが、この「ローマ劇場毒殺事件」が一番の傑作と思う。推理小説を暗示していながら、眺めていて、不思議と静かな気持になるカバーである。


† ローマ劇場毒殺事件


 エラリー・クイーン/著 石川 年/訳

 東 君平/カバー

 角川文庫●

 ●昭和38年6月30日初版 昭和42年7月10日四版発行  カバー 267頁 160円  


↓源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の装幀についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://buraburaaruki.asablo.jp/blog/2013/08/28/6961878/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。