こんな人が装幀を!(四)岡倉士朗の手すさび、『街の風景・地下鉄』2013/01/26 12:35

装幀/岡倉士朗

岡倉士朗といえば、むかし昔の舞台演出家として著名だが、若い頃(大東亜戦争前)戯曲集の装幀もやっていたのだ。

先生の演劇上の履歴や業績に不案内な私には何ともいえないが、新築地座にいたことからすると、このライスの戯曲集は内容からして、舞台かけるための翻訳してもらっての出版だったか。

玄人はだしの腕? まあ昭和初期の雰囲気を良しとして、まずは及第。


† 街の風景・地下鉄


 エルマー・ライス/著 杉木 喬/訳

 装幀/岡倉士朗

 健文社●

 ●昭和11年8月20日発行●四六判(128×188ミリ) 308頁 1円


源義&春樹さんの角川文庫・翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/