花田清輝の本 石元泰博&岡本太郎の共演!「大衆のエネルギー」2012/08/22 07:20

石元泰博/写真撮影 岡本太郎/カバー構成

私にとってもう少し生きていてほしかった人が二人いる。辻静雄と花田清輝である。

辻先生は六十、花田先生は六十五。共に早過ぎる年齢で、残念でならない。

私はとっくにご両人の亡くなられた年齢を越えてしまって、ただ老いの身をかこつのみ。

共に書物を通じてだけの出会いに過ぎなかったが、同時代を共に生きられ、その才能の一端に触れられたのをありがたく思っている。

この本は戦後の文学論争の盛んなころ出た傑作。花田、岡本、石元の揃い踏みは実に豪華、こんな出会いは滅多にお目にかかれまい。


† 大衆のエネルギー


 花田清輝/著

 石元泰博/写真撮影 岡本太郎/カバー構成

 講談社●

 ●昭和32年12月10日発行●四六判(128×188ミリ)・カバー 260頁 280円

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://buraburaaruki.asablo.jp/blog/2012/08/22/6549932/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。