装幀に屈託あり(3) 安部 公房『壁』2011/10/01 16:45

安部公房『壁』

それは安部公房の初期の小説集であった。手にとってみたのは初めて、最近とある古書展で無造作に棚差しされたいた。価格は推して知るべし。

最近、戦後作家の単行本は神田辺りでは、ほとんど均一本で投げ売りされているから、こんなことは当たり前なのだろう。

一時期は十万円以上した珍しい本なのに、この体たらくである。小口などの焼けは経年で仕方がないが、元パラフィンが残っていたお陰で、表紙回りはきれいだったので購入した。

装幀は安部公房の友人であった、勅使河原宏。幅の広い帯が付いているので、バランスがいいが、帯をとってしまうと如何なものか。間が抜けてしまう感も否めなかった。


† 壁


 安部 公房/著 勅使河原 宏/装幀 桂川 寛/挿画

 月曜書房●昭和26年5月28日発売

 ●B6判・248頁 200円


↓角川文庫の翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://buraburaaruki.asablo.jp/blog/2011/10/01/6121619/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。