装幀に屈託あり(3) 安部 公房『壁』2011/10/01 16:45

安部公房『壁』

それは安部公房の初期の小説集であった。手にとってみたのは初めて、最近とある古書展で無造作に棚差しされたいた。価格は推して知るべし。

最近、戦後作家の単行本は神田辺りでは、ほとんど均一本で投げ売りされているから、こんなことは当たり前なのだろう。

一時期は十万円以上した珍しい本なのに、この体たらくである。小口などの焼けは経年で仕方がないが、元パラフィンが残っていたお陰で、表紙回りはきれいだったので購入した。

装幀は安部公房の友人であった、勅使河原宏。幅の広い帯が付いているので、バランスがいいが、帯をとってしまうと如何なものか。間が抜けてしまう感も否めなかった。


† 壁


 安部 公房/著 勅使河原 宏/装幀 桂川 寛/挿画

 月曜書房●昭和26年5月28日発売

 ●B6判・248頁 200円


↓角川文庫の翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/

装幀に屈託あり(4)東郷青児の仕事 その壱2011/10/07 07:37

キングスレイ「水の子」

英米文学の翻訳本を蒐集していた頃、購入した本です。

何せ戦後すぐの出版だから、表紙はもう汚れて燻った感じだったが、本文の挿絵は用紙を違えて、別刷りだったから、経年を考えれば色鮮やかできれいだった。

この本には装幀や挿絵の作者についての記述がなかったので、長らく、誰の絵だか皆目分からなかった。

何度見ても美しい絵なので、何とかならないかと、保護のためのパラフィンをはずして、弄くりまわしているうちに、表紙の下部、背にぎりぎりに近いところに、「青児」と小さく入っているのを見つけました。迂闊でした。

この発見はつい最近のこと。

表紙もさることながら、中の八葉ある挿絵も素晴らしいもので、作者会心の作品ではないかと思える出来映えです。

何回かに分けて、私の好きな作品を掲載していきますから、乞うご期待。


†水の子


 キングスレイ/著 阿部知二/訳 東郷青児/装幀・挿画

 国立書院●昭和22年12月25日発行

 ●B6判・286頁 120円


↓角川文庫の翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/

装幀に屈託あり(5)東郷青児の仕事 その貳2011/10/09 08:44

「水の子」東郷青児・挿絵

この「水の子」には別刷りで八点の挿絵がある。いずれも状態が良い。

昭和22年、敗戦の翌年の歳末に発行された本と考えると、大した出版であると思う。

訳者の阿部知二氏も本書のはしがきで、前に二度この翻訳本が発悦されたが、今回一番りっぱな本になるだろうと書いている。

掲載した挿絵は第五章の始めにある。主人公トムと魚たちとの戯れが楽しく描かれている。


†水の子


 キングスレイ/著 阿部知二/訳 東郷青児/装幀・挿画

 国立書院●昭和22年12月25日発行

 ●B6判・286頁 120円


↓角川文庫の翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/

装幀に屈託あり(7)駒井哲郎とマルセル・パニョル2011/10/19 11:52

駒井哲郎・装幀

駒井哲郎は私の高校の先輩の美大での先生です。版画家としては最後の大御所で、この名前を超える作家はそうそうこれからも出てこないと思う。

そんな大御所がパニョルの本の装幀をしていました。パニョルといえば、映画「ファニー」のレスリー・キャロンは良かったが、彼女同様、その原作者のパニョルも、すっかり今では忘れ去られた存在です。

多情な恋女房を一途に愛するパン屋を中心とした人情劇ですが、まだまだ捨てたもんじゃありません、パニュルは。


† パン屋の女房


 マルセル・パニョル/著 永戸俊雄/訳 駒井哲郎/装幀

 雄鶏社●昭和24年11月10日発行

 ●B6判・210頁 160円


↓角川文庫の翻訳文学はこちらへ/

http://www.k5.dion.ne.jp/~miauler3/kado/kado00.html


シムノンのメグレ本の書誌についてはこちらへ/

http://www.asahi-net.or.jp/~px5t-isi/

●パリの本(10)女ひとりの巴里ぐらし2011/10/24 13:54

カバー・荻須高徳

 シャンソン歌手、石井好子の処女出版である。在仏の日記から、本にまとめたと後書きにある。著者のパリ修業時代が描かれ、当時の下積みの芸人世界が細々(こまごま)わかって面白い本になっている。

 カバー袖には三島由紀夫の推薦文があり、装幀は東郷青児、荻須高徳と、新書ながら錚々たる人物が関わっていて、彼女のその筋での人気は相当のものであったのだろう。

 この本の見返しには、パリ滞在の娘に代って、世話になった舞台演出家に宛てた父親、石井光次郎の代筆・献呈署名があるのが、何とも微笑ましい。


† 女ひとりの巴里ぐらし


   石井 好子(いしい よしこ) 著

   鱒書房 コバルト選書 昭和30年8月15日 発行

   新書判(105×175ミリ) 176頁 120円

   カバー/荻須高徳 表紙/東郷青児 推薦文/三島由紀夫