献呈署名本●岡本太郎 著「 芸術と青春」2011/06/06 08:51

カバー(右)と扉の署名

 古本好きにはやたらと著者の署名本にこだわる人がいます。

 いくら著名人だからといって、私は赤の他人に贈呈した本をありがたがる心境にはなりません。

 しかし、贈った相手が有名な文学者や自分がすきな作家でしたら話は変わってきます。

 偶然、買った古本を開いてみたら、岡本太郎の木下順二宛の献呈本だったのには正直びっくり、そしてちょっと喜びをしました。


†芸術と青春

岡本太郎 著

河出新書(204) 昭和31年5月15日発行

新書判(105×171mm)197頁 カバー/岡本太郎

栞コレクション2011/06/06 18:41

裏面に文芸座の印

†映画「昼下りの情事」の宣伝用しおり

 古本を買うと、よくページの間からしおり代わりに使われたレシートや映画の半券などが出てきました。紙幣がある場合もときにはあり、私も千円札をいただいたことが一度あります。

 この裏に池袋文芸座の印のある栞は、原作本に映画入場券の半券と一緒に挟まれていたもので、滅多にない二重の贈り物でありました。