辻静雄の本2011/06/05 08:51

 辻静雄先生が「ソースの本」に続いて書いたフランス料理の本。先生は意欲的に一生懸命書いたのだが、さっぱり売れなかったらしく、相当落ち込んで、もう料理書は出すまいと決意したという。

 後年、先生の信奉者であるピアニストの中村紘子さんはこの本の改訂版の新潮文庫「家庭のフランス料理」の解説で、

「何度やっても、あのままじゃ作れないものがでてきて。いや、まいった」と、

先生自ら元版の不備を正直に告白したことを暴露しております。


たのしいフランス料理

辻 静雄 著

婦人画報社 昭和42年11月1日 発行

A5判 184頁 カバー 780円


家庭のフランス料理

辻 静雄 著

新潮文庫 昭和60年5月25日 発行

A6判 286頁 カバー 600円

パリの本(4)●ウイリー・ロニ「モン・パリ」2011/06/05 16:22

 パリを撮ったの写真家というとすぐにドアノーとかアッジェ、ブラッサイということになるようですが、ウイリー・ロニも捨てがたい写真家です。

 書名もずばり、「モン・パリ」。モンマルトルのメトロの駅やモーリス・ユトリロ通りの階段下の夜景など、パリ好きの心をとらえて離さないいい写真がたくさんあります。

 巻末に撮影場所を記述、こうした読者への配慮は助かります。  


† MON PARIS

WILLY RONIS 著

DENOEL 1985年9月30日発行

A4変型判(210×280ミリ) 191頁 カバー